学会発表

国際会議発表:

2018-06-27
Sei, T.
An objective general index for separation
IMS-APRM 2018
June 26--29, 2018, National University of Singapore, Singapore.

2018-05-15
Sei, T.
Admission decision using the maximum entropy principle
Entropy 2018
May 14--16, 2018, University of Barcelona, Spain.

2018-03-08
Matsumoto, K. and Sei, T.
Computation of the rank likelihood of Gaussian copula models by the holonomic gradient method
Current Topics on Algebraic Statistics and Related Fields
Mar 7--8, 2018, Kobe University.

2017-11-07
Sei, T.,
Coordinate-wise transformation and Stein-type densities,
3rd Conference on Geometric Science of Information (GSI2017)
Nov 7--9, 2017, Mines ParisTech, France.

2016-06-21
Sei, T.,
Algebraic problems related to scaling of multivariate data,
Applications of Algebraic Methods to Statistics
June 20--24, 2016, RIMS, Kyoto.

2016-01-15
Sei, T.
Distributions on spheres defined by conformal transformation,
ISM Symposium on Environmental Statistics
January 15, 2016, The Institute of Statistical Mathematics, Tokyo.

2015-10-28
Sei, T. and Tanaka, U.,
Differential geometric properties of textile plot,
2nd Conference on Geometric Science of Information (GSI2015)
October 28--30, 2015, Ecole Polytechnique, France.

2015-09-08
Kume, A. and Sei, T.,
Holonomic gradient methods for the Fisher-Bingham normalising constants,
RSS 2015 Annual Conference
September 7--10, 2015, Exeter University, UK.

2015-08-07
Nakamoto, K. and Sei, T.,
Computation of alternative multivariate t-distributions by the holonomic gradient method,
SIAM Conference on Applied Algebraic Geometry
August 3--7, 2015, NIMS, Daejeon, Korea.

2015-03-03
Nakamoto, K. and Sei, T.,
Holonomic gradient method for alternative multivariate t-distributions,
Innovation in statistics and related mathematics through computational algebraic statistics,
March 3--5, 2015, University of Tokyo, Japan.

2014-08-06
Koyama, T., Nakayama, H., Ohara, K., Sei, T. and Takayama N.,
Software packages for holonomic gradient method,
ICMS 2014,
August 5--9, 2014, Hanyang University, Seoul, Korea.

2014-07-15
Sei, T.,
On the holonomic rank of the Bingham system,
Workshop on Algebraic Statistics,
July 14--17, 2014, NIMS, Daejeon, Korea.

2014-07-01
Sei, T. and Kume, A.,
Holonomic gradient descent for the Bingham distributions,
IMS-APRM 2014,
June 29--July 3, 2014, Taipei, Taiwan.

2013-09-20
Sei, T.,
Infinitely imbalanced binomial regression and deformed exponential families,
Boston-Keio Summer Workshop,
September 20--22, 2013, Boston University, USA.

2013-08-02
Sei, T.,
Holonomic gradient descent in directional statistics,
SIAM Conference on Applied Algebraic Geometry 2013,
August 1--4, 2013, Colorado State University, USA.

2012-07-04
Sei, T.,
Construction of directional distributions using gradient maps,
The 2nd Institute of Mathematical Statistics Asia Pacific Rim Meeting (IMS-APRM),
July 2--4, 2012, Tsukuba, Japan.

2011-12-15
Sei, T.,
Statistical data analysis using optimal transport
Statistical Analysis and Related Topics: Theory, Methodology and Data Analysis,
December 15--17, 2011, Tokyo, Japan.

2011-09-17
Sei, T.,
On optimal stationary couplings,
Geometry and Probability,
September 15--17, 2011, Kumamoto, Japan.

2011-01-20
Sei, T.,
A class of statistical models related to optimal transportation,
Oberseminar: Mathematische Stochastik,
January 20, 2011, Freiburg, Germany.

2010-11-06
Sei, T.,
Structural gradient model for time series,
The International Symposium on Statistical Analysis of Spatio-Temporal Data,
November 4--6, 2010, Kamakura, Japan.

2010-04-21
Sei, T.,
Optimal transportation and statistics,
BIRS 5-day Workshop - Optimal transportation and applications,
April 18--23, 2010, Banff, Canada.

2009-11-06
Sei, T.,
Spherical distributions defined by gradient maps,
Directional, asymptotic, differential-geometric statistics and related area,
November 6--7, 2009, Osaka, Japan.

2009-04-01
Sei, T.,
McCann's displacement convexity,
Arbeitsgemeinschaft 0914 - Optimal Transport and Geometry,
March 29--April 4, 2009, Oberwolfach, Germany.

2008-12-10
Sei, T., Aoki, S. and Takemura, A.
On a perturbation method for determining group of invariance of hierarchical models,
Computational Algebraic Statistics, Theories and Applications (CASTA2008),
December 10--11, 2008, Kyoto, Japan.

2007-09-12
Sei, T.
Gradient modeling for multivariate analysis,
The Pyrenees International Workshop on Statistics, Probability and Operations Research (SPO 2007),
September 12--15, 2007, Jaca, Spain.
http://metodosestadisticos.unizar.es/~jaca2007/Ficheros/actasSPO07web.pdf

2006-11-14
Sei, T.
A stable-convergence theorem for multiparameter martingales,
International Symposium on Statistical Analysis of Spatio-Temporal Data,
November 13--15, 2006, The University of Tokyo.

2005-12-15
Sei, T.
Asymptotically efficient estimate of the fractal index of Gaussian processes,
Information Geometry and Its Applications,
December 12--15, The University of Tokyo.

2005-12-03
Sei, T.
Asymptotic results on the quasi-maximum likelihood estimator for fractal index,
International Conference on Latent Structural Modeling and Analysis for Spatio-Temporal Data,
December 1--3, Kyoto University.

2005-04-27
Sei, T.
Asymptotic properties of a quasi-maximum likelihood estimator for fractal index of Gaussian processes,
East Asian Symposium on Statistics,
April 26--29, 2005, Beijing, China.

2004-12-28
Sei, T.
An asymptotic property of transformed Gaussian models for random fields
SCRA 2004-FIM XI,
December 27--29, Lucknow, India.

2003-12-20
Sei, T. and Komaki, F.
An information criterion for models with the local asymptotic mixed normality,
The Bernoulli Society East Asian and Pacific Regional (EAPR) Conference 2003,
December 18--20, 2003, HKUST, Hong Kong, China.

2002-12-04
Sei, T. and Komaki, F.
Geometrical properties of estimators for small diffusions,
East Asian Symposium on Statistics,
December 2--4, 2002, Seoul, Korea.

2001-12-06
Sei, T. and Komaki, F.
Information geometry of estimators for diffusion processes with small noise,
Symposium on Stochastic Processes and Statistical Asymptotic Theory,
December 5--7, The University of Tokyo.

国内会議発表

2018-09-10
Tomonari Sei,
A general index for admission decisions,
統計関連学会連合大会,
2018年9月9日--13日, 中央大学.

2018-09-05
清 智也,
高次元大標本における客観的総合指数の不一致性,
大規模統計モデリングと計算統計V,
2018年9月4日--5日, 大阪大学.

2018-03-06
清 智也,
客観的総合指数の漸近的性質,
RIMS共同研究「Statistical Inference and Modelling」,
2018年3月5日--7日, 京都大学.

2017-09-13
清 智也,
多次元確率分布のスケーリング問題,
日本数学会2017年度秋季総合分科会,
2017年9月11日--14日, 山形大学.

2017-03-26
清 智也,
座標ごとの変換によって得られるStein型の等式とその性質,
日本数学会2017年度年会,
2017年3月24日--27日, 首都大学東京.

2017-03-05
清 智也,
客観的な総合指標とその応用,
日本統計学会春季集会,
2017年3月5日, 政策研究大学院大学.

2017-02-19
清 智也,
座標ごとの変数変換によって得られる Stein型の分布,
統計的モデリングと計算アルゴリズムの数理と展開,
2017年2月18日--19日, 名古屋大学.

2016-12-03
清 智也,
客観的総合指数とその拡張,
数理統計ひこね2016,
2016年12月2日--3日, 滋賀大学.

2016-09-28
清 智也,
エントロピー最大化から導かれる客観的な総合指数,
大規模統計モデリングと計算統計III,
2016年9月27日--28日, 東京大学.

2016-09-13
清 智也,
対角スケーリングとWasserstein空間,
統計多様体の幾何学とその周辺(8),
2016年9月12日--13日, 北海道大学.

2016-09-07
清 智也,
順序付き多変量データのための客観的総合指数 —TextilePlotとの関係—,
統計関連学会連合大会,
2016年9月4日--7日, 金沢大学.

2016-03-08
清 智也,
Objective general index and its applications,
RIMS共同研究「Statistical Inference on Divergence Measures and Its Related Topics」,
2016年3月7日--9日, 京都大学.
[数理解析研究所講究録]

2016-02-17
清 智也,
正定値対称行列の対角スケーリングとその応用,
グレブナー若手集会,
2016年2月16日--18日, 東海大学.

2016-01-12
清 智也,
客観的総合指数とその応用,
多元計算解剖学の周辺数理,
2016年1月12日, 名古屋工業大学.

2015-11-12
清 智也,
方向統計学における推測理論とホロノミック勾配法,
RIMS研究集会「量子統計モデリングのための基盤構築」,
2015年11月11日--13日, 京都大学.

2015-03-10
清 智也,
相関行列の空間とリーマン沈め込み,
統計多様体の幾何学とその周辺 (6),
2015年3月9日--10日, 北海道大学.

2015-03-09
清 智也,
ホロノミック勾配法における接続の役割,
統計多様体の幾何学とその周辺 (6),
2015年3月9日--10日, 北海道大学.

2014-11-20,
清 智也,
ホロノミック勾配法におけるモンテカルロ誤差の共変微分,
統計多様体の諸分野への応用,
2014年11月19日--21日, 京都大学.

2014-10-31,
清 智也,
ビンガム分布に対するホロノミック勾配法,
応用統計ワークショップ,
2014年10月31日, 東京大学.

2014-07-07,
清 智也,
Use of optimal transport in statistics -- a review,
Sugiyama Lab. Guest Talks,
2014年7月7日, 東京工業大学.

2014-03-05,
清 智也,
不均衡データに対する二値回帰モデルの挙動,
RIMS共同研究「Asymptotic Statistics and Its Related Topics」,
2014年3月3日--5日, 京都大学.
[数理解析研究所講究録]

2014-02-21,
清 智也,
不均衡データと変形指数型分布族,
RIMS共同研究「統計多様体の幾何学の新展開」,
2014年2月19日--21日, 京都大学.
[数理解析研究所講究録]

2013-12-07,
清 智也,
不均衡データに対する二項回帰モデルの挙動,
極値理論の工学への応用,
2013年12月6日--7日, 統計数理研究所.

2013-12-04,
清 智也, A. Kume,
Bingham 分布族に対するホロノミック勾配法,
ホロノミック勾配法に関する研究会,
2013年12月4日, 東京大学.

2013-11-09,
清 智也,
二項回帰モデルの不均衡極限と変形指数型分布族,
一般化線形モデルの最新の展開とその周辺,
2013年11月8日--10日, 千葉大学.

2013-09-09,
清 智也,
二項回帰モデルの不均衡極限と変形指数型分布族,
統計関連学会連合大会,
2013年9月9日--9月11日, 大阪大学.
[予稿]

2013-05-17,
清 智也, A. Kume,
ホロノミック勾配法によるBingham分布族の計算,
統計数学セミナー,
2013年5月17日, 東京大学.

2012-11-23,
清 智也,
ホロノミック勾配法の今後,
研究集会「数理統計学の沃野」,
2012年11月23日--11月24日, 慶應義塾大学.

2012-09-13,
清 智也,
ホロノミック勾配法の適用例,
RIMS共同研究「トーリックイデアルに付随する統計モデルの探究」,
2012年9月13日--9月14日, 京都大学.

2012-09-10,
清 智也,
構造的勾配モデルの統計的曲率,
統計関連学会連合大会,
2012年9月9日--9月12日, 北海道大学.

2012-08-05,
清 智也,
ホロノミック勾配法による正規化定数の計算法,
統計サマーセミナー,
2012年8月2日--8月5日, 熱海.

2012-07-16,
清 智也,
コピュラモデルの統計的曲率,
JST CREST「現代の産業社会とグレブナー基底の調和」若手研究集会,
2012年7月14日--7月16日, 慶應義塾大学.

2012-05-31,
清 智也,
尤度計算のためのホロノミック勾配法,
統計数学セミナー,
2012年5月31日, 東京大学.

2012-02-01
清 智也,
最適輸送写像で作る統計モデル,
幾何統計小研究集会「データ解析における新規連携分野の調査」,
2012年1月31日--2月1日, 名古屋工業大学.

2012-01-21
清 智也, 柴田大樹, 竹村彰通, 小原功任, 高山信毅,
回転群上のフィッシャー分布に対するホロノミック勾配法,
研究集会「数理統計学と代数統計の新たな展開」,
2012年1月20日--21日, エポカルつくば.

2011-11-08
清 智也,
Optimal stationary coupling and a related statistical model,
阪大確率論セミナー,
2011年11月8日, 大阪大学.

2011-10-31
清 智也,
On optimal stationary couplings,
東京確率論セミナー,
2011年10月31日, 東京工業大学.

2011-10-26
清 智也,
定常な最適輸送写像から作られる統計モデル,
統計数学セミナー,
2011年10月26日, 東京大学.

2011-09-05
清 智也, 高山 信毅, 竹村 彰通, 中山 洋将, 西山 絢太, 野呂 正行, 小原 功任,
ホロノミック勾配法によるFisher-Bingham分布族の最尤推定,
統計関連学会連合大会,
2011年9月4日--9月7日, 九州大学.

2011-07-16
清 智也,
Cross-curvature non-negativity of cost functions on finite sets,
JST CREST「現代の産業社会とグレブナー基底の調和」若手研究集会,
2011年7月16日--7月18日, 徳島大学.

2011-06-01
清 智也, 柴田 大樹,竹村 彰通, 小原 功任, 高山 信毅,
SO(3)上のフィッシャー分布に対する hgd 法,
共同研究集会: ホロノミック勾配法と統計的推定問題
2011年5月30日--6月1日, 神戸大学.

2010-11-16
清 智也, 高山 信毅, 竹村 彰通, 中山 洋将, 西山 絢太, 野呂 正行, 小原 功任,
ホロノミック勾配法による Fisher-Bingham 分布族の最尤推定,
研究集会「数理統計学の新たな展開」,
2010年11月, 大宮ソニックシティー.

2010-10-09
清 智也,
統計学に現れる積分計算について
JST CREST「現代の産業社会とグレブナー基底の調和」若手研究集会,
2010年10月, 神戸大学.

2010-09-06
清 智也,
時系列解析のための構造的勾配モデル,
統計関連学会連合大会,
2010年9月, 早稲田大学.

2010-01-21
清 智也,
フーリエ級数のヘッセ行列式がコピュラになるための条件について,
JST CREST「現代の産業社会とグレブナー基底の調和」若手研究集会,
2010年1月, 大阪大学.

2010-01-09
清 智也,
A Jacobian inequality for gradient maps on the sphere,
(ショートコミュニケーション)
研究集会「確率論と幾何学」,
2010年1月, 京都大学.

2009-12-15
清 智也,
勾配写像で表される球面分布族とその性質,
研究集会「高次元データの統計学 -理論・方法論・関連分野への応用-」,
2009年12月, 筑波大学.

2009-12-04
清 智也,
Spherical distributions defined by gradient maps,
研究集会「ベイズ統計への情報理論的アプローチとその周辺」,
2009年12月, 東京大学.

2009-11-27
清 智也,
Perturbation method for determining the group of invariance of hierarchical models,
研究集会「計算代数統計学の展開」,
2009年11月, 統計数理研究所.

2009-09-08
清 智也,
球面上の勾配写像で表される分布族,
統計関連学会連合大会,
2009年9月, 同志社大学.

2009-09-07
清 智也, 青木 敏, 竹村 彰通,
多元分割表の階層モデルに対する不変群の導出,
統計関連学会連合大会,
2009年9月, 同志社大学.

2009-09-01
清 智也, 青木 敏, 竹村 彰通,
分割表の統計モデルを不変に保つ群,
組合せ論サマースクール2009,
2009年9月, 稚内北星学園大学.

2009-08-10
清 智也,
球面上の確率分布族に関するサーベイ,
統計サマーセミナー,
2009年8月, 福井.

2008-09-10
清 智也,
凸関数のフーリエ級数表示と勾配モデル,
統計関連学会連合大会,
2008年9月, 慶應義塾大学.

2008-08-03
清 智也,
最適輸送問題とモーフィング,
統計サマーセミナー,
2008年8月, 山梨.

2008-03-11
清 智也,
構造的勾配モデルの許容領域について,
京都大学数理解析研究所研究会「Statistical Analysis of Various Models」,
2008年3月, 京都大学.
[数理解析研究所講究録]

2007-10-10
清 智也,
勾配モデルの摂動解析とパラメータ空間の評価,
統計数学セミナー,
2007年10月, 東京大学.

2007-09-08
清 智也,
Brenier 写像を利用した近似的グラフィカルモデリング,
統計関連学会連合大会,
2007年9月, 神戸大学.

2007-08-06
清 智也,
多変量分布の構成法,
統計サマーセミナー,
2007年8月, 鹿児島.

2007-03-13
清 智也,
Gradient modeling and information geometry,
京都大学数理解析研究所研究会「Statistical Decision for Multiple Comparison and Its Related Topics」,
2007年3月, 京都大学.
[数理解析研究所講究録]

2007-03-10
清 智也,
A stable convergence theorem for martingales and its applications,
日本統計学会春季集会,
2007年3月, 東京理科大学.

2006-09-07
清 智也,
勾配写像に基づく統計的モデル,
統計関連学会連合大会,
2006年9月, 東北大学.

2006-08-07
清 智也,
勾配写像に基づく統計的モデル,
統計サマーセミナー,
2006年8月, 埼玉.

2005-09-14
清 智也,
疑似最尤法に基づくフラクタル指数の推定,
統計関連学会連合大会,
2005年9月, 広島大学.

2005-08-07
清 智也,
フラクタル指数の推定,
統計サマーセミナー,
2005年8月, 大分.

2005-06-09
清 智也,
フラクタル指数の推定問題
統計数学セミナー,
2005年6月, 東京大学.

2004-09-05
清 智也,
変換ガウス確率場モデルの局所漸近混合正規性,
統計関連学会連合大会,
2004年9月, 富士大学.

2003-09-03
清 智也, 駒木 文保,
局所漸近混合正規性をもつモデルのための情報量規準,
統計関連学会連合大会,
2003年9月, 名城大学.

2003-03-04
清 智也, 駒木 文保,
微小拡散モデルにおける推定量の高次漸近理論と情報幾何,
京都大学数理解析研究所研究会「Approximations to the Statistical Distributions」,
2003年3月, 京都大学.
[数理解析研究所講究録]

2002-09-08
清 智也, 駒木 文保,
微小拡散モデルにおける推定量の幾何学的性質,
統計関連学会連合大会,
2002年9月, 明星大学.

2002-01-22
Sei, T. and Komaki, F.
Asymptotic properties of estimators for small diffusions,
研究集会「統計推測の理論とその応用 --- 幾何学的方法と特異モデル ---」,
2002年1月, 統計数理研究所.

2001-09-03
清 智也, 駒木 文保
曲指数型分布族をなす確率過程モデルの幾何,
第69回日本統計学会大会,
2001年9月, 

2001-03-22
清 智也,
確率過程の曲指数型分布族,
統計スプリングセミナー,
2001年3月, 岡山.

共同研究者による発表

(*)が発表者を表します. あまりきちんと記録していません.

2014-01-22
Kume, A.(*), Sei, T.
On the explicit form of the Pfaffian of the Fisher-Bingham integral,
CASTA 2014,
January 21 -- January 24, Kyoto.

2010-08-12
Hara, H.(*), Sei, T., Takemura A.,
Hierarchical subspace models for contingency tables,
IMS 73rd Annual Meeting,
August 9 -- 13, Gothenburg.

2010-06-30
Sei, T., Takayama, N.(*), Takemura, A., Nakayama, H., Nishiyama, K., Noro, M. and Ohara, K.,
Holonomic Gradient Descent and its Application to Fisher-Bingham Integral,
The Second CREST-SBM International Conference,
Harmony of Groebner bases and the modern industrial society,
June 29 -- July 3, 2010, Osaka.

2009-09-27
原 尚幸(*), 清 智也, 竹村 彰通,
Hierarchical subspace models for contingency tables,
日本数学会秋季総合分科会,
2009年9月, 大阪大学.

2008-12-16
Sei, T., Aoki, S. and Takemura, A.(*),
Perturbation method for determining group of invariance of hierarchical models,
Workshop on Algebraic Statistics, MSRI,
December 15--18, 2008, Berkeley.